スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
新学期前の体験教室
新学期前の幼児、小学生の体験教室を実施しています。
以下の日程で、参加を受け付けていますので、ご気軽にお問い合わせください。

<3月度 体験教室>
3月17日(金)15時~17時
3月18日(土)14時~17時
3月25日(土)14時~17時
3月31日(金)11時~16時

kiho星2

ふでともかきかた教室は、
筆運びを体得することで、後のえんぴつで書く字を理解しやすくするといった、
筆と鉛筆を使った独自のカリキュラムを組んでいます。
「この字なんて読むの?」と文字に興味を持ち始める年少からスタートできます。

筆や鉛筆のもち方、書く姿勢は最初が肝心。
小学生低学年になって誤った鉛筆の持ち方を治すことはとても難しくなります。
ですから、最初にきちんと基本を学ぶことは非常に重要なことで、
将来、授業の記録や自主勉強で、更には答案用紙への筆記スピードに係わってくるからです。

また、プリンター出力の活字書類が多くなる中で、ちょっとしたメモ書きや手紙に心奪われることありませんか?
字はその人の印象を変えます。美しい文字はご自身の宝となるはずです。

お子さんを指導していく中で、書道を通じて変わってくることに日々驚かされています。
「観察力」・「判断力」・「自己解決能力」「集中力」「丁寧さ」など、
文字以外に大きな成果をあげているのも特徴です。
幼児のお稽古は50分ですが、最初は、じっとして座っていられなかった子でも
毛筆、鉛筆書きを集中して取り組み、結果、最後まで姿勢良く座ることができるように変わってきます。

数ある習い事の中から、「お習字」を選び、4才、5才から「書」の世界へ、保護者の意識が変わりつつあります。

関連記事
スポンサーサイト
[2017/03/01 18:23] | イベント | コメント(0) | page top
<<学期末の「色紙」書き | ホーム | 2017年カレンダーpart2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。