お稽古の記録
ふでともかきかた教室では、
終了の際、「出席カード」に当日お稽古した文字を記録しています。

月に3回の記録が終了した月末に預かり、水書道で書いた文字の写真プリントをはり、、
指導員からみた成長ぶりや、注意することなど、お稽古に伴う連絡事項を保護者に伝えています。

以下は、年長の男の子の「出席カード」です。
子どもたちは、毎回お好みのシールをはっていき、だんだんとカードが賑わっていきます。

連絡シート2

 
スポンサーサイト
[2017/11/09 15:41] | ブログ | コメント(0) | page top
かなまじり作品
2017年新国立美術館での「同人会」の展覧会も7月9日に終了した。

今年も400点近く出品され、どこで書けるのと思うくらいの大きな作品がたくさんあって、受賞作品はさすがにすばらしいものでした。
私の作品は、全紙(タテ70 ヨコ137)の基本となる紙の大きさ
かな交じりの三好達治の詩を選んだ。

筆は兎 墨は古墨 墨の色がなかなか思うような色合いにならなかった

DSC00969-300.jpg

DSC00961-300.jpg
[2017/07/11 16:43] | ブログ | コメント(0) | page top
筆文字と姿勢
かきかたの指導をしていて、子供の成長に驚かされます。

最初は、寝転んだり、机の下にもぐったり、足を前に出したり、身体がまがってたり、
個性とともに最初の姿はさまざまです。

回を重ねると、筆をもった姿が変わってくるんです。
筆文字を集中して書くことで、自然と姿勢がよくなってきます。
書くときは、おしゃべりがピタッとなくなります。
(おしゃべりは再スタートしますが……)

昔の寺子屋での子供の姿が想像できるのも、書道教室ならではです。

auto_P0EJ89.jpg

kiho姿勢 mi姿勢
[2017/06/07 15:47] | ブログ | コメント(0) | page top
大人の美文字講座スタート
大人向け「美文字講座」がようやくスタートすることになりました。

先日、2名の方の体験があり
「し」 と 「も」 の平仮名を書いてもらいました。
毛筆で書くことで、この2文字の微妙な筆さばきの違いがわかります。

まず「も」の書き順の間違いが気になりました。
正しい書き順は、
1.たて画が先 2.上横線 3.下横線
たて画から上の横画に流れる方向で

「し」は起筆からまっすぐ下へ、払いの方向は時計でいうと2時の方向

日常の文章の中での文字の割合は、
漢字25% + 平仮名70% + その他5% 
(雑誌文章に占める割合は平仮名60%)
副詞、助詞、助動詞、送り仮名などに用いられる平仮名は、漢字と漢字をつなぐ働きの中で、意外と多いのです。

曲線が多く複雑な平仮名を正しく、美しく書くだけで、文章の70%がよしとなります。

文章を書きやすく、読みやすく、速く書くことにおいて、平仮名を適切に書くことは重要です。
たかが平仮名、されど平仮名

[2017/04/19 13:39] | ブログ | コメント(0) | page top
新学年スタート前の体験教室
新学期を迎える季節になりました。
新スタートを迎える新入園児、新入学生は、わくわくどきどきですね。
そして、これから先、何のお稽古をしようか、迷う時期でもあります。

「ふでともかきかた教室」は、
他のお習字にはない毛筆と硬筆を組み合わせた独自のカリキュラムを組んでいます。

小学生の硬筆プリントは各学年の新漢字の学習にあわせているので、国語の予習、復習にもなっています。
さらに、一字一字、丁寧に形よく、筆順に注意して指導していきますので、かきかた=書写も加わってくるのです。
定員5名だからこそできる、きめ細かな指導です。

幼児硬筆300

<体験日>
金曜日
園児15:00~15:30 小学生16:00~16:30

土曜日
園児11:00~11:30 12:00~12:30 13:00~13:30
小学生 14:00~14:30 16:00~16:30  

お稽古日の見学や体験も受け付けております。
お子さんに合わない、教室の雰囲気や規模、指導方法等々の理由から、 入会に至らない場合でも結構です。
お気軽にお問い合わせください。
4月~6月中体験を受けた方に、「ふでともお稽古袋(布製)」と「かきかた鉛筆」をプレゼントしています。

201704月400



[2017/03/29 14:30] | ブログ | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>